愛宕詣

昨日、京都の愛宕神社にお参りしてきました。工房ではガラスを焼くのに電気炉を使うこともあり、毎年行っています。

愛宕さんは火伏せの神さん。山の頂上までは約4キロ。

登りは心臓がバクバク、行けども続く山坂に気持ちが折れそうに。しかし堪えて登りきりました。

路傍には、道程を示す看板が立っています。それぞれに一言添えてあるのですが、お気に入りはこれ。

ちゃんと私もゴミ子ちゃん連れて帰りましたよ。

Share:

More Posts

クラファン御礼

12月25日をもちましてMakuakeでのプロジェクトが終了しましたサポーターの皆さまのお陰で目標購入金額を達成することが出来ました。ありがとうございました。 プロジェクトサイト:https://www.makuake.

ガラス整形

ガラスは非常に硬く、衝撃で割れてしまうので水冷式の機械を使って整形します。ダイヤモンドの刃を使います。この整形作業は時間がかかりますが、ここを丁寧に仕上げなければ、次の漆工程にバトンを渡すことができません。 Glass

シリコン型

進めているパートドヴェールアクセサリー、シリコンで原型を取りました。この外側を石膏で型取りし、そこにガラスの粉を詰めて焼きます。

窯入れ

[窯入れ] 型を作る工程が完了しました。 ガラスの粉を入れ、電気窯の中で溶かします。 約850℃まで上げて、ゆっくりと常温に戻します。 (次回は窯から出します!) [Kiln work] The process of m

Send Us A Message